TPPの特徴

経済がグローバル化してくることによって、貿易のあり方が少しずつ変わってきます。
近年の貿易を考える時には自国の利益だけを追求している国は世界から孤立することになります。
そのために様々な協定が結ばれているのです。
そこでTPPの問題となります。カリビアンドットコム
TPPとは環太平洋戦略的経済連携協定と訳されていますが、その特徴はどのようなことでしょうか。
TPPは2006年にブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの4か国で始まりました。
自由貿易協定であり、例外のない100%自由化を実現した質の高いFTAであると考えられています。
貿易だけではなく、労働と環境についても協力することが規定されています。
戦略的協定と言う意味は、APEC加盟国への広がりを意図しており、TPPがAPEC各国で締結されていくことを考えてのことでした。
2011年の時点では、アメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルーの合計8か国になっています。
その他の国も締結の方向で動いているようです。
そのような中で、2011年11月に政府がTPPの交渉を表明したことが、大きな注目を集めているのです。
それまでにもTPPに関して議論がなされています。
反対派、賛成派の人たちが新聞、テレビなどでいろいろな意見を述べているのです。
TPP締結によって私たちの暮らしはどのように変わってくるのでしょうか。
それがよく見えないのが実情です。
労働者の流入によって失業率が増加する可能性も否定できませんが、企業としては賃金を抑えることができるメリットがあります。
全体としてはどうなるのかを十分議論することが大切ですね。